キャンプ×釣り×暮らし

雨でも焚き火可能なタープ⁈コスパも良いポリコットンタープをレビュー!

こんにちは!ニッシーブログのニッシーです。皆さんはキャンプやBBQなどアウトドアシーンにおいてどのようなタープを使用されていますか?どんなシーンで使用されていますか?

 

おそらく雨予報の時に使用したり、日差しの強い日に使用することが多いと思います。

 

しかし、雨が降るとキャンプの醍醐味と言っても過言ではない“焚き火”が出来なくなってしまいます…そんな雨のような天気でもやはりキャンプでは焚き火がしたくなります…

 

そんな訳で著者は天候が優れない日のキャンプにおいて、タープの下で焚き火ができるようにポリコットン素材のタープを使用しています。

 

この記事ではポリコットン素材について解説し、また日頃使用しているコスパ最強のタープについて紹介します。是非、雨キャンプ時の一つの参考にして頂けたらと思います。

  この記事を読むと

  • ポリコットン(T/C素材)について理解できる
  • オススメのポリコットンタープを知ることが出来る
  • SoomLoomのタープについて知れる
  • ポリコットンタープがオススメの人がわかる

ポリコットンとは

まずはこの記事で度々出てくるポリコットンについて紹介します。

ポリコットンとは、ポリエステルとコットンを組み合わせた素材です。T/C素材とも呼ばれており“テトロンコットン”“テクニカルコットン”の略とされています。

(テトロンとは、ポリエステルのこと)

そもそも、なぜこの2つの生地を組み合わせるのかという理由を説明していきます。

ポリエステルは軽くて携帯性に優れている反面、火の粉に非常に弱いという特徴があります。

 

コットンは火の粉に強い反面、重くて水に濡れると乾きにくく管理が大変という特徴があります。

それぞれのデメリット・メリットある2つの素材の特徴を活かす為に組み合わせた生地ということになります。それが“ポリコットン・T/C素材”です。

ポリコットンは、ポリエステルほど軽くはないものの、コットンに比べると軽くて濡れても比較的乾きやすいという特徴があります。

またコットン由来なので、火の粉にも強くタープの近くで焚き火を楽しむことも可能です。

この特徴を目的に近年ではテントにもポリコットンが使用されているタイプも多く存在しています。

ニッシー
ニッシー
別記事でタープの生地別に特徴を解説していますので、他の生地について興味があったり使い分けが知りたい方はこちらの記事を参考にしてください!
ニッシー
ニッシー
タープの使い分けについても紹介しています。タープと一言で言っても、様々な形のタープがありますので、今お探しのタープがそもそも目的に応じているのか今一度こちらの記事を参考に確認しておきましょう!

商品紹介

オススメのポリコットン素材のタープについて紹介します。

スクリーンショット 2022-11-09 6.45.21.png

スクリーンショット 2022-11-09 6.44.31.png